JUNQUO的博客

「もっと知性にやう゛ぁんを」を座右の銘にするにむらじゅんこのヨロズ帳
from 巴里・上海・東京。
お仕事サイトはhttp://junquonimura.eco.to
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
梵字を飲む
JUGEMテーマ:育児





 

娘がもうすぐ生誕2ケ月目を迎えます。あっという間に体重も増えました。
表情豊かになって、写真のように、笑顔を作ることもできるようになってきました。

目の色が青みがかったグレー(Steel Gray)なのですが、
子供の目の色というのは9ケ月になるまで変わるものなのだそうですね。

私の瞳の色がブラウン、パパはブルーなのですが、
娘の場合、ブラウンの確立75%、ブルー15%、ヘーゼルがかったグリーン15%
になるみたいです。


おじいちゃん、おばあちゃん、 ママン、 パパの瞳の色を選択して子供の目の色のパーセンテージを
だしてくれるサイトをみつけました。


http://museum.thetech.org/ugenetics/eyeCalc/eyecalculator.html


首がすわるようになったら水天宮様、お富士様のところに感謝をしに行くつもりです。
藁をもすがる思いで安産を願っていた私は、水天宮でいただいた「いつもじ」というサンスクリット文字を飲んでいました。




これが「いつもじ」です。
痛いとき、陣痛のときに梵字を一字づつちぎって飲むと、痛みが和らぐというありがたき「神呪(マントラ)」。
この5つの文字、なんて書いてあるか調べてみました。

釈迦如来、薬師如来、大日如来、阿弥陀如来、阿閦如来。

神社でもらったのに、仏様の名前オンパレード!
たしかに、出産に関係する仏様たちばかりです。

神社でいう「神呪・呪文(漢訳では呪、明呪)」は、仏教でいう「真言(しんごん)=サンスクリット語:マントラ」で、大日経などの密教経典に由来し、真実の言葉という意味なのだそう。これは音が重要であることから、翻訳せず音写を用いるそうです。

「まあ、こんなところに比較文化の面白そうなテーマが・・・!」と、
陣痛が来るその晩、私は凡字とサンスクリットを照らしあわせてひとりで楽しんでいました。
しかし、実際に陣痛がきたら、どの梵字を飲もうかなどという選んでいる余裕などはなかったです。
結局は緊急帝王切開になって麻酔でいい気持ちになれたので、「煩悩が消え、自由自在、神通自在の境地に至った」ということかしら。

これから出産予定の方々、梵字、オススメします。
つわりのときなんかもGOODだとおもいます。

********

アーク

梵字名:アーク
仏様 :大日如来(胎蔵界)---[全て] 宇宙最高の仏
ご利益:この如来を尊崇すればあらゆる霊徳を得られるとされる。真言を唱えれば一切の病は癒え、また妊娠している人は無事安産できることが約束されている

バン
梵字名:バン
仏様 :大日如来(金剛界)---[全て] 宇宙最高の仏
ご利益:この如来を尊崇すればあらゆる霊徳を得られるとされる。真言を唱えれば一切の病は癒え、また妊娠している人は無事安産できることが約束されている


ベイ
梵字名:ベイ
仏様 :薬師如来---[病/延命・安産] 病者を救済する大医王仏
ご利益:真言を唱えれば寿命が延び、病が治り、お産が軽くなると伝えられている、特に眼病に霊験があるとされている。


キリーク
梵字名:キリーク
仏様 :阿弥陀如来---[悟り] 西方浄土を開いたインドの王子
ご利益:この如来を尊崇すればあらゆる霊徳を得られるとされる。真言を唱えれば一切の病は癒え、また妊娠している人は無事安産できることが約束されている。

バク
梵字名:バク
仏様 :釈迦如来---[能力/智恵・悟り] 仏法を悟り教え広めた仏
ご利益:その印を結び、真言を唱えれば、悟りがひらけ煩悩が消え、自由自在、神通自在の境地に至るとされる。



 

| にむらじゅんこ | ベベ | 09:08 | comments(8) | trackbacks(2) | pookmark |
ついにママンになりました。
JUGEMテーマ:育児

Nous sommes très heureux de vous annoncer la naissance de notre fille. 
Elle est née le 11 Aout 2010 à 19h08 à Tokyo. A la naissance elle pesait 3122 g et mesurait 48,1 cm. Elle est née par césarienne. Voici une photo d’elle, 3 jours après sa naissance.


 


811日、娘のカリーヌ・アネットが帝王切開手術で3122グラムで生まれました。写真は、生後三日目のものです。「パパにそっくり」と看護婦さんたちに言われています。これからも宜しくお願いします。

にむらじゅんこ

| にむらじゅんこ | famille | 09:49 | comments(30) | trackbacks(1) | pookmark |
国際テロリスト、カルロス
JUGEMテーマ:映画
 



 1973年から1984年にかけて世界中で83人を殺害、100人を負傷させた極左テログループを指揮した伝説のテロリスト、「カルロス」こと、イリイッチ・ラミレス・サンチェスを主人公にした映画を、オリビエ・アサイヤスが作ったということで、取り寄せて見てみました(見たのは、映画版ではなく、カナル・プリュスで流れていたらしいTV版の長〜い三部作)。

 

  事実から相当離れているかもしれないけど、カルロスのことをあまり知らなかった私にとっては、前半は、かなりおもしろかった。Marks&Spencerの社長の弟(兄?)で熱心なユダヤ教徒だったJoseph Edward Seifを襲ったり、シオニストと評判のハポアリム銀行を爆破したり、そして、サンジェルマン・デ・プレにあった有名なドラッグストアを爆破したり・・・。ドラッグストア爆破事件(サンジェルマン・デ・プレ教会の目の前、レンヌ通りの四つ角にかつてあった有名なお店)は、私の義理母たちも実際に近くにいて巻き込まれそうになったと何度も聞いていたけど、これってカルロスの仕業だったんだ・・・。このお店、当時の60年代ポップな内装がお洒落で、パリで最初にハンバーガーを販売したりするような有名店だったらしいですね。

 

 ハーグ事件で日本の赤軍とカルロスが関わるシーンもあった。西川純、奥平純三、和光晴生とおもわしき三人が登場。残念ながら重信房子は出てこなかったな。

 

 しかし、カルロス役を演じたエドガー・ラミレスはすごい。母国語のスペイン語のほかに英語、イタリア語、ドイツ語、フランス語を流暢に話し、ドイツ語もできる俳優さん。まあ、世界一の国際テロリストだったカルロスの役をやるくらいならば、このぐらいの語学力がないと無理だろうけど。

 

 映画の中にはチラリとしか出てこないけど、あのジャック・ヴェルジェス弁護士が出ていて(しかも俳優、本人に似ている!)私の胸はキューとしました。あの、元ナチス親衛隊長のクラウス・バルビーのほか、ポルポト、アクション・ディレクトの活動家など、いわくつきの人々を弁護してきたジャック・ヴェルジェスがカルロスの弁護士だったのですね(フセイン元イラク大統領がベルジェを弁護士につけたがっていましたが、結局は実現しなかったみたいです。また、ヴェルジェスはかつてコミュニストで毛沢東の知人でもありました)。

 

とにかく、メートル・ヴェルジェスのすばらしい頭脳にしろ、「悪者の刻印」を押されている人を弁護しつつ本当の悪を暴きだす論法にしろ、世界一のニヒリスト弁護士に違いないこの人が出てきた瞬間に、私はもう主人公のカルロスのことなんてどうでもよくなってしまいました。

 

 ところで、カルロスは相変わらず口の減らない人で、獄中からアサイヤスの映画について「事実と違う」と文句をたくさん言ったり、オバマ大統領に手紙を書いたり、アクティブに手紙を書いているそうですね。そして、ウーゴ・チャベスもカルロス(=ベネズエラ人)を絶賛しているようですが・・・。

 

とにかく映画の前半は若きカルロスは男らしくて素敵ですが、後半のカルロスは性病持ちのデブ中年で、ダメな男として描かれているので、カルロスにファンタスムを抱いている人は、後半は見ないほうがいいとおもいます。

| にむらじゅんこ | 映画 | 08:36 | comments(4) | trackbacks(3) | pookmark |
ミッシェル・シオン
JUGEMテーマ:音楽

Michel CHION さんが来日しており、昨日(11月25日)、早稲田大学での彼の対談(聞き手は小沼純一先生)の通訳を務めた。




シオンさんは、1947年生まれの映像と音の研究者。かつ、ミュージック・コンクレートの作曲家です。現在、パリ第三大学はじめ、高等映画学校などの教授をしています。
私が彼の音楽に出会ったのは、1990年代の頭。当時、具体詩に夢中で、ベルナール・ハイドシーク(エティック)なんかのレコードを愛聴していた時代、具体音楽にも、当然の流れのごとく、興味を持ちました。最初に買ったのは、たしか、このメタムキンのCDです。






 ↓シオンさんのこの「映画の音楽(La musique au cinema)」は、1995年に出版された名著で、今でも出版されつづけていて、とくに南米で愛読されているそうです。
La musique du film ではなく La musique au Cinema というタイトルにしたのは、映画のためにつくられた音楽に限定したくなかったからだそうです。









実は、映像用語も音楽用語も専門用語は詳しくないので、焦って緊張していたけど、シオンさんは根気よく、ゆっくりしゃべってくれました。しかも、ちゃんと、私が逐次訳するタイミングをつくってくれました。気難しい人かなあ、とおもっていたけど、すごく気さくな優しい人でした。


印象に残ったのは、早稲田の学生たちが目を輝かせてシオンさんを聞いていたこと。
そして、シオンさんによるピエール・シフェールの話も印象的だった。

「むかし、雲っていうのは、形のない無形のものだと思われていた。でも、英国のある科学者が、雲の形には類型があることをみぬき、雲の形に、名前をつけていった。そして、雲の形が世界中で同じ形をしているか確かめるために、世界一周をしました。ピエール・シフェールは、それを音でやろうとしていたんです」


また、講演の後、鮨屋でオハナシをしたときに、
「多くの人がミュージック・コンクレートの定義を間違っている」と嘆いていました。日本の辞書にも「musique concrete」という項があるけど、なんか、環境音楽みたいな定義になっています。
「具体音楽と環境音楽は何の関係もないのに!」と嘆いていました。
あと、電子音楽と具体音楽が同意義だと主張しているのも私には意外に思えました。

「また、音楽作品そのものが作品として成立するようになったのが15世紀ぐらいであって、実は絵画などに比べたらとっても遅い」というのも、目の覚めるようなものでした。音楽そのものはあっても、音楽は、パロルやダンスや儀式のためのもので、自立していなかったと。 


また、東京の「音」について印象的だったのは、
「自動販売機や、エレベーターが、自分にむかってしゃべる」のがおもしろい。 と言っていました。


あー、なにはともあれ、講演がおわってよかった。

と、思ったら、大里俊晴さんがお亡くなりになったことを知らされました。
最初、「通訳をしてくれないか」というお話をもらったときに、
「私より、大里先生のほうが向いているよな〜。大里さん、ダニエル・シャルルの弟子だし…」と思い、大里さんのことを思い出していたのです。

大里先生は、すごく純粋な人で、いつも同じ服を着ていました(笑)。そして、いつも、おやじサンダルを履いていました。最後にお会いしたのは、今から10年以上前だとおもいます。先生が大学におつとめする前だとおもうのですが、ラジオをやっていて、そのラジオにゲストとして呼んでいただいたのです。フランスの音楽のことになると目を輝かせる方でした。ジェラール・マンセが大好きと言っていたような記憶があります。

しかし、本当に、いい人ほど早く逝ってしまうんだなあ〜。合掌。ご冥福を祈ります。










| にむらじゅんこ | パリ | 13:43 | comments(3) | trackbacks(16) | pookmark |
ポルトガルの可愛いもの
JUGEMテーマ:旅行



ポルトガルが大好きで、パリに住んでいた頃、よくいっていた。
そして、今でもポルトガルの友人から、私の大好きな生活雑貨が、送られてくる。


 



独裁政治の間中、発展が止まっていたようで、今でも可愛いデッドストックが一杯なのです。
「nova york」だって、可愛い〜。

アールデコ調のパッケージも、そのまま残っている石鹸もあります。

ジャムは、アソーレス諸島のもの。オーガニックのようです。






上の写真は、すべて2006年にとったもの。
街もかわいいし、このけだるい感じもすき。御菓子もおいしいし、
それに、美男子ちゃんが多いのです。リズボア…。
しかも、夜は私の愛するカーボ・ヴェルデのリズム、フナナなんかが流れるクラブもあるのです。
ああ、リスボンに住みたい…。 

ポルチュギーズの美男子ちゃんの一例。



 


 

| にむらじゅんこ | 雑貨 | 22:21 | comments(8) | trackbacks(8) | pookmark |
墨田区迷路探索
JUGEMテーマ:旅行


墨田区に引っ越して2年になるというのに、すぐ近所だとなのに未だに迷ったり、まだ一度も通ったことのない小路や裏通りが沢山ある。
やっぱり、墨田区北部って、恐るべし。可愛い家や、懐かしいモノに出会えるだけでなく、外人さんたちの活動も盛んなのです。

 

 ↑
このトタン長屋の左端の家、 ドイツ人建築科さんの家です。面積は3坪だそうです。



なにか壁に出ている小窓があります。「なんだろう?」 液晶で地図や映像が流れています。



家の中をビデオでとったのでしょうか。
近所のおばあさんがやってきて、「夜もキレイなのよ!」と言っていました。



そのすぐ近くには、水槽マニアの人の家があります。




道に、小さな水槽を並べています。



かえるさんや、



さかなさんがいました。


秋は散歩日和だし、墨田区は昭和のままだし、なんだかすごく元気になりました。




| にむらじゅんこ | 墨田 | 16:13 | comments(7) | trackbacks(1) | pookmark |
かっこいい妊婦Tシャツ





日本では、すごいかっこいい妊婦さんというのに出会ったことがない。

ところが、今年の夏、パリでかっこいい妊婦をみた。ロングTシャツをきていて、おなかを隠さず、むしろ強調。しかも、おなかのところにメッセージが入っているの。

 



これ、お騒がせ政治家のベルナール・タピの義理の娘が立ち上げたブランド2 coeurs sour le meme toi」で、生地はオーガニックコットン100%の純フランス製なのだそう。




 

妊娠7ケ月ぐらいになれば、相当の迫力があるよね。妊婦じゃなくて、

中年のおっさんが着てもOK! おっさんでも、妊婦でも、おなかのところにメッセージが書かれていたら、このメッセージには絶対に注目が集まるな。





 

おっさんの場合はともかく、妊婦さんの場合は、ここに書かれるメッセージは、なにズンとくる神聖なものがいいなぁ。「ナイキ公園反対」とか、そういうメッセージがいいな。

 こんなTシャツ、はやく着たいなあ。

 

| にむらじゅんこ | パリ | 22:31 | comments(10) | trackbacks(5) | pookmark |
荒川電波ハウス(天然)発見
JUGEMテーマ:旅行


  八広に、すごい家を発見した。
張り紙に埋もれた家。
どうやら、家に進入して、普段着まで盗まれてしまって、それを伝えたい様子。人形まで盗まれたのでしょうか。

小林岩四郎という名前が出てくるけど、この人、市松人形の大巨匠だよね…。小林岩四郎作の人形も盗まれたのかしら?

 強烈だったので、この家に戻ってみると、50歳ぐらいのおじさんが「父が一週間前に死んでしまったんです」と、私たちにお煎餅をくれました。 ああ、なんか悲しい。何があったかわかんないけど。








| にむらじゅんこ | 墨田 | 13:51 | comments(13) | trackbacks(1) | pookmark |
Autoportrait de Zao Wou-Ki
JUGEMテーマ:読書




Zao Wou-Ki, Autoportrait, Edition Fayard, 2008

趙無極著『オートポートレ(自伝)』を読了。

 

 

20世紀前半にフランスに渡った画家で、世界的な大活躍をした中国人画家といえば、やっぱり、ザオ・ウーキー。ザオさんの自伝が出たので早速取り寄せてみた。

 

1921年に北京で長男として生まれたザオさん。ザオさんの人生は、ほかの中国人に比べると、実にラッキーだ。父親は金持ちの銀行家。今までに一度もお金に困ることなく暮らし、文化大革命で同僚・両親・家族たちが路上で三角帽子を被って「批判」されたり、牢獄に入ったり、下放させられたりしていたのに、ザオさんはその時、フランスばかりではなく、ロスなどの海外で展覧会を催したり、香港の趙美人女優のMayと再婚したり、ポルシェに乗り回したり……。

 ザオさんは実に楽天家だ。そして、文章を読んでいる限りは、なかなか温和な普通の人に思える。

 




以下、ひっかかった箇所の抜書きとメモ
 

 

 

(ザオさん、1948年に始めてパリにやってくる。妻の謝景藍と一緒に)。

私の妻がカルチエ・ラタンに行こうという。私は自分がどこにいるかわからず、頭を左右に振った。

「カルティエ・ラタンって、モンパルナスの近くなのかい?」

 私は「モンパルナス」という言葉は知っていた。というのも、そこがアーティストの街であると聞いたから、そこに住みたかったのだ。モンパルナス以外のところに住む気はさらさらなかった。タクシーの運転手は、学生も多いよといいながら連れていってくれた。私はホテルを探した。そのホテルは一泊6フランで、当時の私にしては高かった。それで三日後にホテルを変えた。私は「グランドショミエール絵画塾」のことを知っていた。中国の雑誌によくこの名が登場していたからだ。それで、グランドショミエールどおりの近くにある通り「Delambre通り」のホテルに移った。シャワーがついているいい部屋だった。そこに私はかなりの間住んでいた。そして、その後もモンパルナスを離れることはなかった。(p.22

 

 

当時の中国でも、モンパルナスは「蒙帕那斯」とか「蒙巴那斯」とかいわれ、徐志摩の小説《巴黎的鱗爪》の舞台としても登場する。

 

 

フランスにやってきたばかりの時、私は「中国人画家」というレッテルを貼られたくなかった。私は長きに渡って中国絵画の技術を、とりわけ墨の技術を習得していた。それは私にとってたやすいことだったので、この特権を前面に出そうとは思わなかったのだ。(p.69

 


 ↑

でもこんな写真撮っているよね・・・。ザオさんは「シノワズリ」という言葉が大嫌いだったようです。
 


© Adelmann/Zao Wou-ki(1970)


 

1941年に私は重慶でヴァディム・エリセフに会った。彼はフランス大使館の文化アタシェだった。46年に彼がチェルヌスキ美術館で、「中国現代絵画展」を催し、1945年に描かれた21枚の油絵と9枚のデッサンが展示されたが、これはパリに住む中国人画家たち、中国人アーティスト協会のメンバーたちの間で顰蹙を買ったものだった。あの作品は今はどうなったであろうか。(p.96

 

調べてみると、エリセフの展示は100点以上に及ぶ。中国人アーティスト協会の作品も展示されていたようだが、ザオさんの記憶、大丈夫かな。

 

 

 

 (フランスに到着して)最初の数年は、私は言葉の問題で中国人と交流をしていた。現在はもう、当時の中国人の友人との交流を保っていない。パリの小さな中国人アーティストのコミュニティーには、画家や彫刻家もおり、私の人生からは消え去っていった。当時は。芸術的な生き方について情報などを交換していたわけであった。このようにして私はグランドショミエール画塾の噂を聞き、Otto Frieszの授業に規則的に出た。(p.75

 

中国人の友人とは、Sanyu(常玉)のことか。実際、ザオ夫妻がやってきたのは、常玉の近くだった。

常玉は、コキュされたザオさんの元妻の謝景藍(ららん)と一生友人だった。謝景藍は彼女自身もアーティストで、のちにMarcel Vam Thienen (マルセル・ヴァン・ティーナン)と結婚してLalan Van Thienenになっている。ラランは音楽、ダンス、絵画となんでも手掛けたマルチアーティストで、1972年のクリス・マルケルの映画「vive la baleine」の音楽を手掛けている。

 

| にむらじゅんこ | シノワ | 16:09 | comments(4) | trackbacks(11) | pookmark |
クスクス三色団子
JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ



 Boulettes de couscous en Brochette
クスクスの三色団子


これがクスクスでできているなんて知ったらモロッコ人から怒られるかもしれないねぇ。



 

緑色はヨモギを混ぜたのだけど、さすがにクスクスでは色がつきにくく、
マーブルになってしまったので、食用色粉を少しだけ使ってみた。緑は、クシナシの花を使った天然色粉。赤は、ベニコウジからとれたもの。




笹や竹の皮で包んで蒸し器に入れて ぼなぺちー。




| にむらじゅんこ | モロッコ | 09:42 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書)
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
マグレブ発、現在は「フランスの国民食」となったクスクス。イタリア、ポルトガル、カーボヴェルデ、ブラジル、セネガル、マリ....etc. クスクスは国境を越えた魔法のごはんです。
+ RECOMMEND
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
女子のための初のモロッコ入門。可愛いだけじゃなくて、不思議なモロッコの扉を押しあけてください。
+ RECOMMEND
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2)
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
モロッコのおうちの中って、どんな感じ? この本、パリとマラケシュのセレクトショップに50冊買い上げられました。
+ RECOMMEND
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1)
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
パリジャン・パリジェンヌたちの今どきのお部屋って?
+ RECOMMEND
Barbapoux
Barbapoux (JUGEMレビュー »)
ドラジビュス
パリで、にむらが、プロデュースを手がけたCDです。
+ RECOMMEND
フレンチ上海
フレンチ上海 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, 菊地 和男
パリが上海に恋してた!
上海の旧フランス租界(1846-1943)の物語。
+ RECOMMEND
おいしいフランス語
おいしいフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, Hamiru Aqui, ハミル アキ
食いしん坊のための仏語
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
フランス語で綴るグリーティングカード
フランス語で綴るグリーティングカード (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
もうすぐ暑中見舞いの季節だから
+ RECOMMEND
しぐさで伝えるフランス語
しぐさで伝えるフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミル・アキ
フランス語のジェスチャーは、英語圏のジェスチャーと違う…と実感してかいた一冊。
+ RECOMMEND
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
表紙をかいてくれた友人、ナタリー・レテ一家をがソトコト8月号に紹介しました
+ RECOMMEND
「ねこ式」イタリア語会話
「ねこ式」イタリア語会話 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミルアキ
ねこと学ぶ。我が家のミーはイタリア語を解します
+ RECOMMEND
パリで出会ったエスニック料理
パリで出会ったエスニック料理 (JUGEMレビュー »)
浅野 光代,にむら じゅんこ
『わたしがパリ案内を頼む唯一の日本人・にむらじゅんこによるエスニック大全!』と鹿島先生からリコメンされました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にむらじゅんこのお仕事
http://junquonimura.eco.to
+ blogpeople
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE