JUNQUO的博客

「もっと知性にやう゛ぁんを」を座右の銘にするにむらじゅんこのヨロズ帳
from 巴里・上海・東京。
お仕事サイトはhttp://junquonimura.eco.to
<< サルコジーの失言 「馬鹿野郎、失せろ!」 | main | 幻の雲南コーヒー・ツリーに出会えた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
シラヌーク殿下って・・・・・・? 
JUGEMテーマ:映画


 


今、シアヌーク殿下にはまっている(お父さんのほう)。
前から気になっていたんだけど、去年の夏に、ラジオ・フランスで殿下のインタビューを聞きき、殿下のホームページがあることと、殿下が映画マニアで数多くの映画を作っていた事実を知った。
しかも、HPの中で、何本かの映画は公開していて、無料でみれるのだ。

いちばんおもしろいのは、1960年代の映画。シナリオ、主役、監督と、すべて一人でこなしているものもある。王妃(モニック・シアヌーク)は、だいたい、いつもヒロイン公。

最も気に入ったのは、「ROSE DE BOKOR」。第二次世界大戦中、フランス植民下でのカンボジアに日本軍が進入し、フランス軍と闘う(45年3月9日のcoup de force)話。殿下は、日本の兵隊さんの役をやっていて、あるカンボジア女性(モニック)に恋をしてしまう。

←これが若き頃の殿下ね。

途中、日本の芸者たちが舞踊を踊ったりして、テンポは悪いです。でも、最後の、クレジットというか、奥付みたいな字幕で、「キムイルソンさん、サンキュー」と書かれていました。北朝鮮で撮ったのかなあ?
| にむらじゅんこ | 越境文化 | 21:20 | comments(7) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:20 | - | - | pookmark |
「ROSE DE BOKOR」超見たいんだけどPLAY出来ない。何とかして絶対今日中に見る!クメール語勉強しときゃよかった。
| ヨシCH−N | 2008/02/28 8:03 AM |
ヨシch-n,私はダウンロードしてからみたよ。
| junq | 2008/02/28 9:05 AM |
飯田橋のロッテリアで、Junquoさんおすすめのシアヌーク殿下の「ROSE DE BOKOR」を見ました。これは一見の価値があるスゴイ映画ですね。ふつう映画というものは、何か制作意図があるものですが、どういうつもりで一国の指導者の立場でこうしたものを創ったのか、理解不能のところがスゴイ。なんで日本兵の将校に扮しているんだろう?芸者のことや、日本のことが、殿下は好きなんだろうか?北朝鮮で制作したのだとしたら、日本舞踊を踊っているのは、例の喜び組だろうか?金日成はよく、こんな日本礼賛のような映画の制作を許したな・・・噴出する疑問で頭がいっぱいになり、あっという間に時間が過ぎてしまいました。はまりそうです・・・
でも、シアヌーク殿下がなぜ根強い国民的人気を持っているのかわかったような気がします。長嶋茂雄が日活映画をやっているような感じといったらいいのか、シアヌーク殿下のなんともいえない抜けた感じがいいですね。日本の皇太子も、このごろは、顰蹙ばかり買っているようなので、金正日と一緒に青春ラブコメディでも創って主演したらいいかも。
| katoler | 2008/02/29 8:06 PM |
そうなんです。
映画の中に出てくる芸者集団の日本舞踊なのですが、舞踊を知っている方に言わせると
「以外に、結構、ちゃんとした動きしている」ということだそうです。
かつて北朝鮮は日本から芸者を拉致し、喜び組たちに舞踊を教えたのでしょうか・・・・。いろいろ想像・夢想が広がりますね。
本当に頭の中が「?」で一杯になる映画ですよね。
| junq | 2008/02/29 11:45 PM |
『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』祥伝社に著者のヘンリー・S・ストークスが、1980年6月にNYタイムズ記者として訪朝した際に見た、この映画について記述しています。くしくもシアヌークも北朝鮮に滞在中でした。


かいつまんで紹介します。

1969年、平壌の撮影所で撮った。はじめ金日成の肖像と、金日成を讃える字幕が出てくる。台詞はすべて、朝鮮語に吹き替えられている。

シアヌークが日本軍の指揮官、長谷川一郎大佐を演じ、モニク王妃が町の有力者の娘で、大佐の恋人の役を演じている。

抜刀の礼を行う長谷川大佐が率いる、日本軍人を演じる数百人の朝鮮人民軍の兵士たちが、日の丸に対して捧げ銃を行うのは、奇観だった。

長谷川大佐の執務室の机の上には、軍装で白馬を駆られる天皇の御真影が、飾られている。

(さくらさくらのピアノの旋律の中で描かれる日本の風景は)
シアヌークは戦争に敗れても、日本の気高い精神が少しも変わらないということを、訴えた。

この映画の試写会には、金日成が長男の正日をともなってやってきた。上映が終わると、二人がシアヌークに「素晴らしい作品だ」と口を揃えて賞めそやした。

私はこの話をシアヌークの側近から聞いた。その映画も見たが、金日成も金正日も、東南アジアの国々が、日本に感謝していることを、学んだにちがいない。


引用者も見てみたい。ロッテリアで上映会があったりしたんですか。
| ヘンリー・S・ストークスによると... | 2015/04/11 7:49 AM |
何とかして拝観したいものと思いますが、方法はないものでしょうか?
| takemi NAKATA | 2017/03/10 3:49 PM |
http://norodomsihanouk.info

殿下のHPがリニューアルされて、リンクが無効みたいですね
でも、上野アドレスにいっていただき、左側にあるmediaのところで探せるみたいですよ!
| junquo | 2017/03/10 4:14 PM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書)
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
マグレブ発、現在は「フランスの国民食」となったクスクス。イタリア、ポルトガル、カーボヴェルデ、ブラジル、セネガル、マリ....etc. クスクスは国境を越えた魔法のごはんです。
+ RECOMMEND
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
女子のための初のモロッコ入門。可愛いだけじゃなくて、不思議なモロッコの扉を押しあけてください。
+ RECOMMEND
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2)
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
モロッコのおうちの中って、どんな感じ? この本、パリとマラケシュのセレクトショップに50冊買い上げられました。
+ RECOMMEND
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1)
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
パリジャン・パリジェンヌたちの今どきのお部屋って?
+ RECOMMEND
Barbapoux
Barbapoux (JUGEMレビュー »)
ドラジビュス
パリで、にむらが、プロデュースを手がけたCDです。
+ RECOMMEND
フレンチ上海
フレンチ上海 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, 菊地 和男
パリが上海に恋してた!
上海の旧フランス租界(1846-1943)の物語。
+ RECOMMEND
おいしいフランス語
おいしいフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, Hamiru Aqui, ハミル アキ
食いしん坊のための仏語
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
フランス語で綴るグリーティングカード
フランス語で綴るグリーティングカード (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
もうすぐ暑中見舞いの季節だから
+ RECOMMEND
しぐさで伝えるフランス語
しぐさで伝えるフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミル・アキ
フランス語のジェスチャーは、英語圏のジェスチャーと違う…と実感してかいた一冊。
+ RECOMMEND
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
表紙をかいてくれた友人、ナタリー・レテ一家をがソトコト8月号に紹介しました
+ RECOMMEND
「ねこ式」イタリア語会話
「ねこ式」イタリア語会話 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミルアキ
ねこと学ぶ。我が家のミーはイタリア語を解します
+ RECOMMEND
パリで出会ったエスニック料理
パリで出会ったエスニック料理 (JUGEMレビュー »)
浅野 光代,にむら じゅんこ
『わたしがパリ案内を頼む唯一の日本人・にむらじゅんこによるエスニック大全!』と鹿島先生からリコメンされました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にむらじゅんこのお仕事
http://junquonimura.eco.to
+ blogpeople
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE