JUNQUO的博客

「もっと知性にやう゛ぁんを」を座右の銘にするにむらじゅんこのヨロズ帳
from 巴里・上海・東京。
お仕事サイトはhttp://junquonimura.eco.to
<< 偽ジャポ退治、反対 | main | 「美しい国」の自然浪費 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
北朝鮮と中国の友好プレー
ル・モンド・ディプロマティーク http://www.diplo.jp/ で私が担当した『北朝鮮の核実験を中国から見ると』が本日、配信されました。

その記事は、「アメリカが北朝鮮を攻撃しない5つの理由」が核になっているのですが、敢えて「なかなか金正日は賢いのだなと」思いました。その5つの理由をかいつまんでわかりやすく説明しますと…


1/
アメリカは、核保有国を攻撃したことはない。核を保有しないイラク攻撃の際には躊躇しなかった。1999年春に爆破されたユーゴスラヴィアも核を保有していなかった。

2/
金正日政権を転覆するためのコストが高すぎるからアメリカはアタックしない。試算によれば1兆ドルの出費が必要。これはアフガンやイラクで無駄金を使いすぎちゃった現在のアメリカには高過ぎて手が出ない金額だという理由。

3/
中国と北朝鮮が結んでいる友好協力相互援助条約が有効だということ。北朝鮮が侵攻された場合、中国は北朝鮮を支援する義務を負っている。アメリカは、中国と交戦するようなことは望んでいない。

4/
中国は、台湾を統一したがっている。北朝鮮は、数万人規模のアメリカ軍を韓国で釘付けにすることで、中国の国家統一計画に対するアメリカ軍のプレッシャーを緩和している。つまり、アメリカ(と世間)の注意を逸らしてあげることで、中国を援護していることになる。だから中国は絶対に北朝鮮を見放すことはできない。

5/
ロシアは北朝鮮と複雑な関係を保っているため、アメリカがこのアジアの隣国に軍事力を行使すれば、「地政的安全保障」の見地から非難するだろうという推測


 訳しているうちに、やっぱりアジアの中心は外交に長けた中国政府のものになってしまうのだなあ、という実感がひしひし伝わってきました。

 2週間ほどまえ北京で開かれた「アフリカ会議」では、中国政府の大胆すぎる野心に度肝をぬかれました。胡主席は、昨年の390億ドルだった貿易額を2010年までに1000億ドルにするといいます。資源確保のためとはいえ、ダルフール住民虐殺で世界中からシカトされているスーダンのバシル大統領やアンゴラの大統領もいて、「人権よりも金」という、あまりにもガツガツした主席の姿勢に憤慨! 人権や民主主義を切り札に援助を続けてきた欧州の努力が水のアワ。
 でも、私の上海の隣人たちは、そういうニュースを知らないし、私が説明したところで何かを理解してくれる可能性もない。「知らぬが仏」とはまさにこのことで、本当に無邪気な子供のように皆生活して暮らしている。隣の靴屋さんも、私のお手伝いさんも、アフリカ・フォーラムがあったことさえ知らないし、娘や息子たちに少しでもいい教育を受けさせるために貯金することだけを楽しみに生きている。
 知識や情報って、一体なんなのか。パリに居たころは「知識」が「力」だと思っていた。でもアジアに居ると時々わからなくなる。
 



| にむらじゅんこ | シノワ | 00:09 | comments(7) | trackbacks(70) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:09 | - | - | pookmark |
中国大陸から地政学的に日本を見ると、日本海と言う水たまりの端あるちっぽけな諸島でしかない。この100年ほど勤勉さをもって反映した涙ぐましい「小国」でしかない。中国大陸から見ると、そのようにしか見えないでしょう。日本の経済的優位性なんて、数年で逆転する。そんな予感がします。
北朝鮮は国家でしょうか?国家として承認されているけど、「金組」という巨大なやくざ組織にしか見えないのです。やくざは喧嘩のプロだから、ぼっちゃん首相たちには、歯が立たないのは当たり前です。
“核爆弾”“精巧な偽ドル”“拉致した人質”の三枚のカードで、いろんなゲームを仕掛けてくる史上最大・最強のやくざ組織「北朝鮮」を使える立場の中国。プーチンあたりはさぞ羨ましがっているでしょう。B級マフィアと前時代的な“暗殺”しかやれないのですから。

庶民は遠くの想像を要する物事より、喰えたり、触れたり、笑えたり、いい気持ちにさせてくれる物事にしか興味を持てないのです。
「未来の恐怖」より「今日の豆腐」のために生きているからです。

でも、突然何かに目覚め、騒ぎ出すのも庶民です。

愚かだけど、もっとも信頼しなけばならないのが庶民意識だと
わたしは信じています。

| 庭師の鼻 | 2006/11/27 5:34 PM |
核兵器が国家間の駆け引きのための手段として、保有されていることを考えると、複雑な気持ちになります。お互いに牽制、自衛の核と言いつつも、しっかり相互を脅している。

こうした国家間の不毛な駆け引き、また、今回のアフリカ会議もそうですが、こうした利害、野心を通した先には一体何があるんでしょう。貿易額が伸びたとしても、人々が幸せに暮らせなければ意味がない。
目先の利害、数字に捉われず、地に足をつけて、しっかり進んでいってほしいと思います。


>知識や情報って一体何なのか?アジアにいると時々わからなくなる。

同感です。私も興味を失っている・・・。
新聞も、TVも気分の落ち込むようなことばかり書いていて、それなのになかなか物事の本質がわからない。
どこか遠い他人事のよう。
煩わしいことからは逃げる、という平和。
そんなところにいる自分に気づきました。




| eric♪ | 2006/11/27 10:55 PM |
庭師の鼻さんへ

同感です。私も、もうすぐ抜かれると思います。みな、中国の若い子たち、すごーく努力家なんですよね。欧米諸国たちもそのように見積もっています。経済のみならず、アートも…。パリにあるポンピドゥーセンターは、上海に第二号館をつくることになり、現在計画がすすんでいます。日本から中国への移民も増えることではないかな、と思います。



eric さんへ

>貿易額が伸びたとしても、人々が幸せに暮らせなければ意味がない。
もっともだとおもいます。そして、そのように、あがかなければいけなくなってしまった現状を本当に悲しくおもいます。
現実に目を向けなくてはいけないけど、ホント、腹立ったり、悲しくなるニュースばっかり…。実にニヒルな厭世主義者になりそうです。そのようななかで、皆の意識を変え、世の中の流れを変えようとしている人たちに出会うのが楽しみになりました。例えば、イルコモンズさんのサイト(http://illcomm.exblog.jp/)が好きで、よくみます。文学や芸術や音楽の力で、それは可能なのかもしれないな、と思えます。政治や社会のコンテクストから切り離されている今どきの文学・音楽・芸術には、私はあまり興味がなくなってしまいました。

| junq | 2006/11/28 9:04 AM |
「知識は力」と、私たち世代は信じてきました。しかし、日本の田舎ではその間も「土地」や「金」や「血縁」が力だった時代が、ずっと続いていたようです。このところ高齢でひとり暮らしの母がいるので田舎に戻ることが多いのですが、彼らにとって「知識」なんて、三つ子の戯言にもすぎないのだ、つまり何も代わっていないのだ、と愕然とします。
さらに、企業経営や政治執行すら、「知識・見識」ではなく
「金」や「血縁」になってきているようですね。
| mm | 2006/11/28 4:57 PM |
現在、千葉の山武市に故あって住んでいます。あたりに、新聞読んでる人いません。政治なんて、とっくに信じてません。彼らをもっともしびれさせるのは「パチンコ」です。そして、思いっきり似合わない新車です。
なにかが、「麻痺」している。そう感じつつ、首都圏に近い半田舎で生きています。“日本にはついに民主主義が育たなかった”“個であることを放棄した国”そのような、寂寞たる想いをもっていますが、救いは、海外生活体験者が増えており、「自律した個」が育ちはじめているようにも感じられます。「国家のロボット、ママの人形」でないわたしらの世代より、はるかなに「クールな頭脳とホッとな心」かも知れないと、密かに期待してます。そして、単なる庶民の親父として、微々たることをやっていこうと思っています。HIPに、詩的に・・。
| 庭師の鼻 | 2006/11/28 9:26 PM |
mmさん。はじめまして。
mmさんの指摘される通りだと思います。中国のみならず、日本、アジア全般において、知識(そして文学や音楽なども…)はあまり効力を発揮していないように思います。
「知識は力なり」どころか、「知識は足枷」の風潮すら、ありますね。特にわれわれ女子には、そういったプレッシャー大きいんです。言葉には出さなくても「女は黙って、笑っていればいい」と、いうことを促すような態度をとられること、時々あります。


庭師の鼻さん、こんばんわ。
パチンコが市民をしびれさせる…。これには気付きませんでした。
子供の頃、父が時々パチンコに行ったことがありました。そんな父を私は恥ずかく思い、パチンコ帰りの父と口を聞くことを避けていました。今思えば、父も、社会のやるせなさや矛盾を感じていたのかもしれません。なんてひどい子供だったのかと父に謝りたいです。
海外生活体験者が増えているのは、いいことだと私も思っています。私自身も海外で暮らすことがなかったら、社会や世界のことを考えず、庭師の鼻さんの住む町の人たちのように生きていたかもしれません。
自殺する子が増えていますが、自殺する勇気があるのならば(私にはない…)海外で0から生活をスタートしたらどうかなと思います。昔、ボルドー大学の語学研修に通っていた頃、不良少年や鬱病の子たちをフランスで更正させている山下さんという沖縄のボランティアの方に出会いました。かなりの確立で、みな立派になって帰国されるという話でした。
| junq | 2006/11/29 12:03 AM |
息が詰まって、死にたくなったら、旅をすればいいのにね。
一度、抜け出さないと、闇の中をグルグルするだけ!
少しのお金と英語と警戒心をもって、もっと、多くの若者に明日にでも外国へ旅立って欲しいですよ。
そして、帰ってくればいい。誰かに何かを話してみればいい。
そう、思います。
| 庭師の鼻 | 2006/11/29 12:41 AM |









http://junquonimura.jugem.jp/trackback/62
日米で違う民主主義の実態
最近の沖縄は11月の末とは思えない様な連日の夏日が続いています。座間味村では去年
| ようこそイサオプロダクトワールドへ/isao-pw | 2006/11/27 2:25 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/27 9:02 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/11 9:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/10 3:42 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/28 12:45 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/20 11:52 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/21 3:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/21 7:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/21 10:39 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/23 9:44 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/23 2:49 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/28 4:51 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/03 10:33 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/05 10:41 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/16 4:22 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/24 11:21 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/26 8:07 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/06 5:44 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/09 5:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/11 9:49 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/15 4:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/17 10:48 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/22 3:08 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/24 5:59 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/28 8:04 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/31 4:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/08 2:08 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/04 2:02 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/04 2:05 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/09 7:34 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/11 8:51 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/03/17 11:32 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/03/20 8:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/03/27 6:48 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/04/01 5:54 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/04/05 5:42 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/04/12 10:49 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/04/16 1:55 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/04/24 11:20 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/04/28 4:08 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/05/02 3:01 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/05/10 11:54 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/05/16 12:58 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/05/22 5:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/05/30 6:54 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/06/03 7:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/06/06 6:00 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/06/13 6:20 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/06/20 12:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/06/27 4:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/06/30 5:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/07/04 4:17 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/07/11 1:11 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/07/18 5:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/07/25 6:13 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/07/30 6:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/08/02 5:05 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/10/04 5:26 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/10/11 5:00 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/10/17 7:40 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/10/24 7:32 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/10/31 6:18 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/11/01 7:07 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/11/03 9:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/11/08 1:24 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/11/15 12:35 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/11/22 12:35 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/11/29 5:05 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/12/02 1:33 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/12/06 7:10 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書)
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
マグレブ発、現在は「フランスの国民食」となったクスクス。イタリア、ポルトガル、カーボヴェルデ、ブラジル、セネガル、マリ....etc. クスクスは国境を越えた魔法のごはんです。
+ RECOMMEND
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
女子のための初のモロッコ入門。可愛いだけじゃなくて、不思議なモロッコの扉を押しあけてください。
+ RECOMMEND
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2)
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
モロッコのおうちの中って、どんな感じ? この本、パリとマラケシュのセレクトショップに50冊買い上げられました。
+ RECOMMEND
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1)
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
パリジャン・パリジェンヌたちの今どきのお部屋って?
+ RECOMMEND
Barbapoux
Barbapoux (JUGEMレビュー »)
ドラジビュス
パリで、にむらが、プロデュースを手がけたCDです。
+ RECOMMEND
フレンチ上海
フレンチ上海 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, 菊地 和男
パリが上海に恋してた!
上海の旧フランス租界(1846-1943)の物語。
+ RECOMMEND
おいしいフランス語
おいしいフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, Hamiru Aqui, ハミル アキ
食いしん坊のための仏語
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
フランス語で綴るグリーティングカード
フランス語で綴るグリーティングカード (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
もうすぐ暑中見舞いの季節だから
+ RECOMMEND
しぐさで伝えるフランス語
しぐさで伝えるフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミル・アキ
フランス語のジェスチャーは、英語圏のジェスチャーと違う…と実感してかいた一冊。
+ RECOMMEND
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
表紙をかいてくれた友人、ナタリー・レテ一家をがソトコト8月号に紹介しました
+ RECOMMEND
「ねこ式」イタリア語会話
「ねこ式」イタリア語会話 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミルアキ
ねこと学ぶ。我が家のミーはイタリア語を解します
+ RECOMMEND
パリで出会ったエスニック料理
パリで出会ったエスニック料理 (JUGEMレビュー »)
浅野 光代,にむら じゅんこ
『わたしがパリ案内を頼む唯一の日本人・にむらじゅんこによるエスニック大全!』と鹿島先生からリコメンされました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にむらじゅんこのお仕事
http://junquonimura.eco.to
+ blogpeople
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE