JUNQUO的博客

「もっと知性にやう゛ぁんを」を座右の銘にするにむらじゅんこのヨロズ帳
from 巴里・上海・東京。
お仕事サイトはhttp://junquonimura.eco.to
<< 南Y(ラマ)島で海水浴する | main | 伯剌西爾音楽礼讃! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
「大上海」のトポス


この『時空旅行ガイド─大上海』(情報センター出版局)を読了。

ちょっと前に、アメリカと日本では、最近、旅をする人が激変したと下川裕治さん(バックパッカーの王様とよばれる作家)から聞いた。これは、 自分たちの尺度を何処にでも押し付けようとしているリーダーたちの影響ではないかと私は思った。
 地形(トポグラフィー/topography)とトピック(topique)という言葉が、トポス(topos)という「場所」を意味するギリシャ語から派生した言葉だというのを思い出してほしい。「ひとつの場所には新しいアイディアやヴィジョンがある」。古代ギリシャ人たちは、こんな風に思っていたはずだ。残念ながら、「トポス」から、こうした詩的なレトリックな意味が剥ぎ取られて久しい。「place」という言葉からは、「人物やモノが占める空間」というような、実に合理主義的で実用的な響きしか伝わってこない。
 だとしたら、街には、「place」と「topos」があると思う。すごく残念ながら、東京は、最近、限りなく placeになっているとおもう。ビジネスの場所であり、エロスを押し殺した殺菌済みのオシャレなショッピングの場所。
 「上海はどうか」、と言えば、見る人によって異なる街だと思う。例えば、モーレツ・ビジネスマンにとっては、ビジネスチャンスの place にしか見えないだろうし、私のような夢想家にとっては上海は限り無くワンダフルなtopos。
 『大上海』は、上海の地に染み付いている過去の記憶の断層を読み取りたい旅人には好書(でも1990円は高いなあ)。私が好きなページは、上海ボルシチの作り方。香港にも、パリにも、NYにも、台湾にも、東京にも亡命ボルシチが存在するけど、亡命してローカル化した世界のボルシチを「ディアスポラのボルシチたち」としてレポートしたくなってきた。
| にむらじゅんこ | 上海 | 09:36 | comments(5) | trackbacks(13) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:36 | - | - | pookmark |
最近の東京は体温が低い人が多いような気がします。ミヒャエル・エンデの「モモ」に出てくる「灰色の男」が街中を覆い尽くしているような...。天才的な人にも、ダメダメな人、ヘンテコな人にも居場所のある、懐の深い街が好きなんだけどな...。他の国に行くと今までの常識が覆されて、変なこだわりがそぎ落とされるのがいいです。
築地(栃木)発生の台風Kさんではありませんが、上海恋しい病、だけど香港にも行きたい...ほんとはパリだって病にうなされてます。
| kadoorie-ave | 2006/11/11 12:44 PM |
追伸。「大上海」つながりということで、またトラックバックの承認の列に並んじゃいました。
| kadoorie-ave | 2006/11/11 12:53 PM |
こないだニュースで読んだのですが、
いま日本の政府が、海外の日本食レストランに
認定制度を導入しようとしてるそうです。
要するに、"ただしい日本食"とそうでない
"ヘンな日本食"を区別し、前者には、いわゆる
"お墨付き"を与えるということみたいですね。
自分のカンや感性ではなく、そういうマークや
ナショナルブランドでものを選んだり食べたり
する人には、便利なものかもしれませんが、
そういうふうに"正統"と"非正統"を勝手に
きめられてしまうと、本国ではありえないような
土着化した日本食や亡命的日本食、前衛的日本食、
文化混交的日本食がうまれてくる可能性が
せばめられてしまうので、あまり愉快な話では
ないですね。政府の役人やブレーンたちは、
「文化には国籍がある」という古い考え方が
どうしても捨てられないようですね。
| イルコモンズ | 2006/11/12 2:06 AM |
kadoorieさん、灰色の男も多いですが、女も多いです。へんに清潔好きな国(シンガポールとかも…)は、あまり寛容じゃない気がします。

イルコモンズさん、こんにちわ。びっくりです。「ニセジャポ」退治ですか。私も、最初、ひどいニセジャポを食べちゃったときに、悔しい思いをしたことがありますが、今考えると、ニセジャポはニセジャポの良さがありますよね。お店やメニューの名前も面白く、カルチュアル・スタディーのテーマになるとおもう。たとえば、パリのニセジャポの例ですと,80年代、90年代は「ゲイシャ」「スモー」といった種類のモノが多く、テンプラ・スキヤキが主でしたが、最近は「スシ・エクスプレス」みたいな名前で、店内もテクノ風でマンガを意識している感じです。
| junq | 2006/11/12 7:54 AM |
今日、日本の友人から小包が届きました。封を開けると中からは・・・『大上海』が!!!
欲しいなんて一言も言ってなかったのに!!これでまたしばらく楽しめそう♪
まずはパラパラ・・・JUNQUOさんのお部屋、すてき☆そして租金の額にびっくり・・・。
| nimunimu | 2006/11/12 9:30 PM |









http://junquonimura.jugem.jp/trackback/57
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/11 9:38 AM |
ついに。上海。
どこに行っていたかというと、ついに上海に行ったのです。 以前も書いたように(→「上海/施高塔路(Scott Road)の祖父母たち」)上海は戦前祖父母一家の暮らし た街。横浜に暮らしながら、小さい頃から上海に思いを馳せてはきたのですが....思い入れがあり過ぎて
| ONE DAY | 2006/11/11 12:48 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/12 9:06 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/16 8:26 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/11 9:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/10 3:42 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/18 2:25 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/21 1:52 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/23 8:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/05 11:47 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/18 6:38 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/22 10:27 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/29 3:20 PM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書)
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
マグレブ発、現在は「フランスの国民食」となったクスクス。イタリア、ポルトガル、カーボヴェルデ、ブラジル、セネガル、マリ....etc. クスクスは国境を越えた魔法のごはんです。
+ RECOMMEND
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
女子のための初のモロッコ入門。可愛いだけじゃなくて、不思議なモロッコの扉を押しあけてください。
+ RECOMMEND
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2)
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
モロッコのおうちの中って、どんな感じ? この本、パリとマラケシュのセレクトショップに50冊買い上げられました。
+ RECOMMEND
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1)
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
パリジャン・パリジェンヌたちの今どきのお部屋って?
+ RECOMMEND
Barbapoux
Barbapoux (JUGEMレビュー »)
ドラジビュス
パリで、にむらが、プロデュースを手がけたCDです。
+ RECOMMEND
フレンチ上海
フレンチ上海 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, 菊地 和男
パリが上海に恋してた!
上海の旧フランス租界(1846-1943)の物語。
+ RECOMMEND
おいしいフランス語
おいしいフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, Hamiru Aqui, ハミル アキ
食いしん坊のための仏語
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
フランス語で綴るグリーティングカード
フランス語で綴るグリーティングカード (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
もうすぐ暑中見舞いの季節だから
+ RECOMMEND
しぐさで伝えるフランス語
しぐさで伝えるフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミル・アキ
フランス語のジェスチャーは、英語圏のジェスチャーと違う…と実感してかいた一冊。
+ RECOMMEND
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
表紙をかいてくれた友人、ナタリー・レテ一家をがソトコト8月号に紹介しました
+ RECOMMEND
「ねこ式」イタリア語会話
「ねこ式」イタリア語会話 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミルアキ
ねこと学ぶ。我が家のミーはイタリア語を解します
+ RECOMMEND
パリで出会ったエスニック料理
パリで出会ったエスニック料理 (JUGEMレビュー »)
浅野 光代,にむら じゅんこ
『わたしがパリ案内を頼む唯一の日本人・にむらじゅんこによるエスニック大全!』と鹿島先生からリコメンされました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にむらじゅんこのお仕事
http://junquonimura.eco.to
+ blogpeople
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE