JUNQUO的博客

「もっと知性にやう゛ぁんを」を座右の銘にするにむらじゅんこのヨロズ帳
from 巴里・上海・東京。
お仕事サイトはhttp://junquonimura.eco.to
<< あんよ | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
アナーキストたちの心の糧、クスクス
 

 育児に忙しく、ブログを更新する暇も気力ありませんでしたが、今年の1月に平凡社新書から『クスクスの謎:人と人をつなげる粒パスタの魅力』が出ました! (平凡社の皆様、素敵な本に仕上げてくれてどうもありがとうございます、多謝!)。

 
 私のもっとも好きな料理、クスクスについて調べまとめた本です。






 鹿島茂先生が、「クスクスは野菜メインのパスタ料理だから、メタボ対策に良いかも!」と言っていましたが、確かに栄養価が高く、同時にお腹が満たされるので、健康には良いこと間違いないでしょう。
 私は、クスクスを食べるたびに、自分自身の中のアナーキーな精神が元気になっていくのを実感します。おそらく、クスクスが「権力・支配を嫌う食べ物」だからでしょう。

 まず、クスクスは、国民/国家的な枠にははまらず、軽々と越境していきます。どこがクスクスの発祥地かということを問うことがナンセンスなぐらいに、異文化混淆の料理です。かつて、シシリアは、地理的にも、歴史的にも、地中海の文化の交差路でした。ギリシャに、ローマに、ビザンチンに、アラブに、スペインに、フランスに統治され、中世にはイスラム教徒、正教徒、カトリック教徒が共存しながら国家を作り上げ、12世紀ルネッサンスの中心地になっていたシシリアが、自分たちのアイデンティティをクスクスに投影しているように、クスクスは融合のシンボルなのです。

 また、クスクスは資本主義のシステムとは相容れない料理です。クスクスは、基本的には「おかわり」は自由(フランスのレストランでも、さすがに「肉」や「魚」の具は食べ放題ではないといえ、クスクス粒とスープのおかわりはできることになっています。どんなに美味しいクスクスを出す店でも、この「おかわり」ができなければ、マグレブ式ホスピタリティの精神を持っていないとみなされ、良いクスクス店と認められることはありません)。お金がある人だけがお腹を満たすことができるという弱肉強食的なルールは、クスクスが最も嫌っている原理なのです。

 3つ目に、クスクスは、最大限デモクラシーな食です。儒教が家庭に強く浸透していた頃の昔の東アジアでは、魚が一匹出されると、家長であるお爺ちゃんから、小さな子まで、誰もが魚のどの部分を食べるべきなのかをわきまえていたといいます。同様、キリスト教も、家の権力者が最も美味しいモノをいただくことになっている。一方、クスクスは、こうした食の不公平を厭っています。おかわりもできるので量の不公平は生じませんし、離乳食トレーニング中の乳児からお年寄りまで一緒に食べることができまする(マグレブでは月齢7ケ月ぐらいから赤ちゃんはクスクスを食べ始めます)。同様に、食の不公平がそれほどない料理として、パエリアが挙げられますが(具はあらかじめカットされ、ところどころに散らされている)、このパエリアは、もともとはイスラムの料理であり、スペインのバレンシアでイスラム教徒たちが食べていた料理がその原型らしいです。

 最後に、クスクスは連帯と寛容のシンボルとしての歴史を持っています。マグレブでは、金曜日がクスクスの日ですが、これは、自主的喜捨をするためにクスクスを作るのです。家族以外にも、貧しい人たちにも食べてもらうためにモスク寺院に大きなクスクスの皿を届けに行ったり、近所の恵まれない方々に食べてもらったり、あるいは、旅人に食べてもらったりします。こうした伝統を受け継いで、フランスでも、デモや慈善事業にはクスクスが出ます。こうしたクスクスは、「クスクス・ソリダリテ」という言葉がついているほど、連帯のクスクスはフランスでは一般化しています。


 皆様、もしも心の中の「アナーキーの芽」が萎れているとおもったら、ぜひ、クスクスを食べてみてください。 できればお上品なクスクスではなく、多少荒々しく作られたぐらいの太骨なクスクスを。パンチ、出ます。




↑ 連帯クスクスの例。町中の人全員で食べれそうですね。





アガディールというモロッコの大西洋沿いの町で300円以下で食べたクスクスです。
冬だったのでカボチャが入っていました。
ふつうの「おやぢカフェ」で頼んだのですが、この絶妙な盛り付けといい、配色といい、
中国産の伊万里(風)おわんにしろ、センスの良さにぶっ飛びました。




マラケッシュにいるダダ(スーダン系料理人)に習って自分でつくったクスクス。
「フェズ風7種類の野菜入りクスクス」ですが、「7」という数字が大切なのですって。
5とか7とか、マホメットが好きな数字でしたね。




オニオンキャラメリゼのクスクス「ツファヤ」。よくみると、この伊万里(風)の大皿には、
アラビア語が書かれているようです。ちなみに、モロッコでは、伊万里風のお皿にクスクスを盛る
ことがステータスとされています。




カビリー地方(アルジェリア)では、このように汁のない、ピラフのようなクスクスが伝統的で、
これを今でも食べているそうです。これは、パリにあるカビリー・レストランにて。
オリーブオイルとクスクスの好相性が再確認できる、おいしい料理でした。




これは、北アフリカ系ユダヤ人(セファラディム)たちのクスクス。
肉団子を入れるのが特徴で、この団子が、食べる人から不幸を
遠ざけてくれるそうです。



と、ここまで書いたところで娘が起きて泣き出しましたので、ここで、おやすみなさい。









 

 

 

 

 

 

 

 


| にむらじゅんこ | モロッコ | 05:47 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:47 | - | - | pookmark |
じゅんこちゃん、お久しぶりです。お元気ですか。
東京のゼロメートル地帯は相変わらずです。

クスクスの本、もう読みましたよー。
面白すぎてドッグイアしまくりです。
じゅんこの視点が大好き。
今は何に目をつけていますか。次の本も楽しみにしています〜。
| kaori | 2012/03/12 2:11 PM |
Kaoriちゃん 元気ですか? クスクスの本を読んでくれて本当にありがとう。

東京海抜ゼロ地帯は相変わらずですか・・・恋しいです。Kaoriは相変わらず編集業ですか? カフェは順調ですか? いろいろとお話したいこと山盛りです。今度あうときは、ゆっくりしたいね〜。

じゅんこ拝
| junquo | 2012/03/13 1:08 AM |
お元気ですか?
新しい本を出したんだね!

連帯クスクス・・・たまたまパソコンを覗き見した娘ともどもツボにはまりましたw

クスクス・・・エスニック料理大好きなんだけど食べたことないわ〜。。
なんか底知れぬパワーを感じるわ。
東京で食べられるお店見つけたら食べてみるね!

| kazue | 2012/03/13 9:07 PM |
kazue! 
あれから、すこしは元気になりました。ありがとう。
和恵は幸せですか? 私は娘のおかげでなんとか充実した日々を送らせてもらっています。はなしたいこといっぱいあるね。

| junq | 2012/03/14 5:45 AM |
こんにちは!
以前 雑貨屋 魔女卵で紹介してもらって
ありがとうございました

さっそく読んでます!
おもしろいです
いつも新しい視点と刺激をありがとうございます

クスクス大好きで自分でもよく作ります
伊万里風のお皿、かわいい!ほしい

次の本も楽しみにしています
お体にお気をつけて 

| 鎌田理絵 | 2012/04/11 3:14 PM |
理絵さん、お元気ですか。
札幌にも春が来ましたか?

拙書、読んでくださって、ありがとうございます。

あ、伊万里風偽皿は、中国製で、フランスではマグレブ系のマルシェなんかで5ユーロぐらいで買えますよ。
おそらくは、中国の義烏(イーウー)なんかでは、200円ぐらいで売っているんじゃないでしょうかね。

義烏は、世界の卸売り場といわれているところで、私も行ったことがないのですが、なんでも、この街にはアルジェリア人街があるそうで、アラブ雑貨とかアフリカ雑貨も売っているらしいです。アラブ人用スカーフとか、チュニックとか、いろいろあるそうです。
義烏、いつか一緒に行きたいですよね。絶対楽しいと思う。

| junquo | 2012/04/11 8:57 PM |
義烏!
わー 一緒に行きたい!カンゲキです
うれしいな

夏にギリシャ/トルコに行こうと思ってます
なにかいいところご存知でしたらお教えくださいー
モロッコも行きたいんだけど 日程が なかなか難しい パリもぜんぜん行けてない

あと最近はウイグルの雑貨がかわいいと、気になる

娘ちゃんかわいいですね 子育てしながら本を出されるなんてすごいな 

陰ながら応援してます!
| 鎌田理絵 | 2012/04/13 9:25 PM |









http://junquonimura.jugem.jp/trackback/172
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書)
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
マグレブ発、現在は「フランスの国民食」となったクスクス。イタリア、ポルトガル、カーボヴェルデ、ブラジル、セネガル、マリ....etc. クスクスは国境を越えた魔法のごはんです。
+ RECOMMEND
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
女子のための初のモロッコ入門。可愛いだけじゃなくて、不思議なモロッコの扉を押しあけてください。
+ RECOMMEND
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2)
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
モロッコのおうちの中って、どんな感じ? この本、パリとマラケシュのセレクトショップに50冊買い上げられました。
+ RECOMMEND
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1)
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
パリジャン・パリジェンヌたちの今どきのお部屋って?
+ RECOMMEND
Barbapoux
Barbapoux (JUGEMレビュー »)
ドラジビュス
パリで、にむらが、プロデュースを手がけたCDです。
+ RECOMMEND
フレンチ上海
フレンチ上海 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, 菊地 和男
パリが上海に恋してた!
上海の旧フランス租界(1846-1943)の物語。
+ RECOMMEND
おいしいフランス語
おいしいフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, Hamiru Aqui, ハミル アキ
食いしん坊のための仏語
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
フランス語で綴るグリーティングカード
フランス語で綴るグリーティングカード (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
もうすぐ暑中見舞いの季節だから
+ RECOMMEND
しぐさで伝えるフランス語
しぐさで伝えるフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミル・アキ
フランス語のジェスチャーは、英語圏のジェスチャーと違う…と実感してかいた一冊。
+ RECOMMEND
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
表紙をかいてくれた友人、ナタリー・レテ一家をがソトコト8月号に紹介しました
+ RECOMMEND
「ねこ式」イタリア語会話
「ねこ式」イタリア語会話 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミルアキ
ねこと学ぶ。我が家のミーはイタリア語を解します
+ RECOMMEND
パリで出会ったエスニック料理
パリで出会ったエスニック料理 (JUGEMレビュー »)
浅野 光代,にむら じゅんこ
『わたしがパリ案内を頼む唯一の日本人・にむらじゅんこによるエスニック大全!』と鹿島先生からリコメンされました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にむらじゅんこのお仕事
http://junquonimura.eco.to
+ blogpeople
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE