JUNQUO的博客

「もっと知性にやう゛ぁんを」を座右の銘にするにむらじゅんこのヨロズ帳
from 巴里・上海・東京。
お仕事サイトはhttp://junquonimura.eco.to
<< ご先祖さま | main | ブーテ=ド=モンヴェル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ロマン・ロランの爺さん家

フランス政府の退避勧告によって半ば強制的に帰国している私たち。
現在、ブルゴーニュのシャブリの近くにあるお婆ちゃんの家に住んでいるのですが、この家が、なんとも不思議・・・。この家の敷地は、「Le Moulin (ル・ムーラン・水車)」という呼び名なのですが、外からみると古〜い田舎の家。



 


なんと、この家は資料によりと、12世紀に遡るそう。現在、原型をとどめているのは、16世紀に大改造されたときの形です。

でも、インテリアは完璧に1960年代風! レトロポップな椅子や家具は今から見ると斬新! パントンチェアやら、イームズなどもたくさん。 実は、カリーヌのおじいちゃんは、室内インテリア・デザイナーだったのです。







資料を調べていくにわかったのですが、この家は、中世期はマリアンヌ教会に属する家だったようです。その後、1599年に大工の棟梁であるショマール氏のものになり、ショマール氏とその弟子の手によって大改造され、そのままショマール氏の子孫がフランス革命まで所有していたようです。

 

革命後はプリュドーさんという人が買い、その後、なんと、この家は、ノーベル平和賞受賞の作家、ロマン・ロランの曾爺ちゃん(Antoine Francois Courot)が1836年にこの家を買ったことがわかりました。ロマン・ロランも夏のバカンスでこの家に過ごしていたという記録もあります。ちなみに、わが娘カリーヌのお爺ちゃんがこの家を買ったのは1960年代初頭です。

 

 ロマン・ロランといえば、もちろん「ジャン・クリストフ」の作者だけど、それ以上に人道主義的教養人。20世紀初頭にパリに留学した東洋人たちに多大な影響を与えた人です。京都には「ロマンロラン研究所」がありますが、上海とのコネクションも強いですよね(中国語だと羅曼・羅蘭。なんかかっこいい)。この人、魯迅の『阿Q正伝』をヨーロッパに初めて紹介した人です。ちなみに、ロマン・ロランを初めて中国語に訳したのは、ピアニスト、フー・ツォンの父の(フー・レイ) 1920年台のパリに留学していた傳雷は、私の研究中の中国人画家、常玉(サンユー)との交友もありました。

 

実は、このお婆ちゃんのブルゴーニュの家、時々、「バカンスの家」として、バカンス期は、週貸し・週末貸しをしています。
http://le-moulin.net





7つベッドがあるので、家族・友人連れでお客さんがワイワイやってきて楽しいです(お客さんが来るときは、私たちは敷地の奥にある「大工のアトリエ」に移動して住んでいます)。お客さんは、なぜか英国人が多いです。 

 

しかし、日本のように、スクラップ・アンド・ビルド文化じゃない場合、掘れば掘るほど、いろんなものが過去に出てくるものですね。まさか、今住んでいる場所にロマン・ロランが出てくるとは・・・!



 

 

ごらんのとおり、鳩舎もあります。鳩舎というのは、昔のヨーロッパではステイタスの印のようなものだったようですね。今は猫の寝床です。






サンルームもあります。 ロマン・ロランもこの景色を見ていたはず。



今日はカリーヌの9ケ月の誕生日です。これからも健やかに育ちますように。
そして、ロマン・ロランのような精神の持ち主になりますよう・・・。

| にむらじゅんこ | パリ | 16:38 | comments(8) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:38 | - | - | pookmark |
すてきなところだね!
| kimiko | 2011/05/11 5:34 PM |
なんてすてきな!外観もインテリアも、のんびり広々した外の風景も...。何より、バラ色のほっぺのカリーヌちゃんの幸せそうな笑顔を見ていたら、こっちまでほんわかした気持ちになりました。抱っこしたい〜
| kadoorie-ave | 2011/05/11 7:22 PM |
Kimikoさん
チャンスがあれば、一度遊びに来てください。
ジャム、またおくるよ。どれが美味しかった?

| junquo | 2011/05/11 8:31 PM |
kadoorie-avさん、お久しぶりです。お元気ですか。
カリーヌはマシュマロのようにフワフワです。おでぶちゃんなので、抱っこで腰を痛めないよう・・・。
| junquo | 2011/05/11 8:38 PM |
カリーヌのかわいさ泣ける。

しかしロマン・ロランかぁ、
なんか縁の正しさみたいなものを感じちゃいますね
| (・Θ・) | 2011/05/12 12:23 PM |
(・Θ・)ちゃんも、はやく子供をつくるといいよ〜。
私は自分のために生きるの飽き飽きしていたから、子供できて楽しい。いろいろ学ぶことあります。某大学院より学ぶことずっと多かったりして。
| junquo | 2011/05/12 3:08 PM |
震災の退避後直ぐにskypeした時は 元気無さげの声だったので心配でした... 退避先 がそんなところとは知りませんでした。 でも よかった。よかった。 元気そうで ほっといたしました。
カリーヌ 可愛い!miwa&carina と遊びにいきま〜す。 泊めて〜!
| dragon yong | 2011/05/12 6:56 PM |
ヨン様

泊めるよー。ぜひファミーユでね。上海が恋しいのか、上海の夢ばっかりみます、昨晩も外灘でタクシーにのっている夢をみました。
| junquo | 2011/05/12 10:34 PM |









http://junquonimura.jugem.jp/trackback/168
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/05/14 12:43 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/05/15 5:48 PM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書)
クスクスの謎―人と人をつなげる粒パスタの魅力 (平凡社新書) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
マグレブ発、現在は「フランスの国民食」となったクスクス。イタリア、ポルトガル、カーボヴェルデ、ブラジル、セネガル、マリ....etc. クスクスは国境を越えた魔法のごはんです。
+ RECOMMEND
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし
かわいいモロッコ―雑貨と暮らし (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
女子のための初のモロッコ入門。可愛いだけじゃなくて、不思議なモロッコの扉を押しあけてください。
+ RECOMMEND
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2)
手わざが光るモロッコ暮らし (世界の「あたり前の家」 2) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
モロッコのおうちの中って、どんな感じ? この本、パリとマラケシュのセレクトショップに50冊買い上げられました。
+ RECOMMEND
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1)
ふだん着のパリ住まい (世界の「あたり前の家」 1) (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
パリジャン・パリジェンヌたちの今どきのお部屋って?
+ RECOMMEND
Barbapoux
Barbapoux (JUGEMレビュー »)
ドラジビュス
パリで、にむらが、プロデュースを手がけたCDです。
+ RECOMMEND
フレンチ上海
フレンチ上海 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, 菊地 和男
パリが上海に恋してた!
上海の旧フランス租界(1846-1943)の物語。
+ RECOMMEND
おいしいフランス語
おいしいフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, Hamiru Aqui, ハミル アキ
食いしん坊のための仏語
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
フランス語で綴るグリーティングカード
フランス語で綴るグリーティングカード (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
もうすぐ暑中見舞いの季節だから
+ RECOMMEND
しぐさで伝えるフランス語
しぐさで伝えるフランス語 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミル・アキ
フランス語のジェスチャーは、英語圏のジェスチャーと違う…と実感してかいた一冊。
+ RECOMMEND
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内
Avec ma maman―子どもと行くパリの旅案内 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ
表紙をかいてくれた友人、ナタリー・レテ一家をがソトコト8月号に紹介しました
+ RECOMMEND
「ねこ式」イタリア語会話
「ねこ式」イタリア語会話 (JUGEMレビュー »)
にむら じゅんこ, ハミルアキ
ねこと学ぶ。我が家のミーはイタリア語を解します
+ RECOMMEND
パリで出会ったエスニック料理
パリで出会ったエスニック料理 (JUGEMレビュー »)
浅野 光代,にむら じゅんこ
『わたしがパリ案内を頼む唯一の日本人・にむらじゅんこによるエスニック大全!』と鹿島先生からリコメンされました。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にむらじゅんこのお仕事
http://junquonimura.eco.to
+ blogpeople
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE